RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休日のたわ言。。                            2月8日

 こんばんは。 超~~お久し振りの更新です。

 年初の相場は想定外なる事態(SNBショック)もありまして
 混迷極まる状況で本当に大変な一年となりそうです。。

 スイスショックにて皆様が直接的被害を被ってない事を切に願う
 次第ではありますが、本当にこんな値動きは見た事ない
 異次元なる値動きでありまして、今年年初めからひたすら
 ユーロ売り(ドル、円買い)に終始してます自分には追い風
 とはなったんですが素直には喜べないのは率直なる思いなんです。。

 円安相場は過去の元。。 も~う。。 円絡みの相場は市場
 の興味からは終った感もあるんでしょうね。。

 次週(9日~)も円買い(ユーロ売り)を継続するつもりです。
 以上です。

 話題を変えます。

 この国(日本)に立ち込める、暗雲は非常に深刻です。
 ISISによる、邦人2名の殺害事象は???だらけでありますね。
 湯川氏のブログは未だ健在でありまして、その内容を読む限り
 彼(湯川氏)はただの冒険夢想家では無いのは明らかですし。。

 もう一人の英雄視される?後藤氏はもっと訳が分からない事ばかりで。。
 
 この二人が独断的なる行動をした筈も無く、その資金源を含めて
 日本政府の関与があったのは、ほぼ間違いない事実なんでしょう。

 よって、綱渡り的なこの国の舵取りはこれからもまた米国様の思惑に
 翻弄され続けながら継続するんでしょうが、危ういばかりで崩壊寸前
 しょうからこの先は要注目ですね。 無論、悪い意味ではありますが。。

 また話題変えます。。

 本業の話です。

 先週末にての幹部会議での出来事。

 ある一社員を懲戒解雇にするか?否か??が議題となったんです。

 その社員は所属部署にて問題行動多々にて同部署の社員から非難続出
 で彼(問題社員)が継続して居るとすれば退職する社員が続出するって議題
 が持ち上がったんです。

 多数意見は無論。。彼(問題社員)を切り捨てる(解雇)のがいいんだろう?って
 論調が多数であったんですが、私は一人、反対しました。

 これはおかしい?!と思う次第です。

 私、彼(問題社員)とは面識があります。

 確かに、少し性格的にも問題を起こすかも知れない男なのかもしれないと思う
 側面はあったかとは記憶しますが、それ以上。それ以下程度の記憶の男です。

 実務も商品管理部の梱包・出荷業務担当で申し訳ない言い方をすればそこまで
 目くじらを立てる負担部署では無いですし、こんなつまらない議題で大切な時間
 を浪費する事がそもそも無意味であってましてや、懲戒解雇なる決断は現在の極
 めて労働者優位なるこの法令下でリスクを取るのは全くもってナンセンスだと説いたんです。

 取り合えず、今回は私に言い分が通りました。

 少し。。自己満足をしたんではありますが、後は彼(問題社員)次第でしょうから。。
 明日(週明け)は少し声を掛けてみようかなって。。 思います。

 本当に疲れますね。 日々、細々としょうもない事だとは思いながら。。

 では、良き休日を。。 

 

 
 


 

 
 

昨日のブログ(ドル円~。。)補足を少々。            1月4日

昨日の【ドル円】展望のブログが少々。。

乱暴だったかと反省しまして、少し補足を
させて頂きます。

今年の【ドル円】が130円上限がせいぜいだろう。。

と論じたのは願望も多々ありますが、根拠もあるんです。

昨日。。拝見しました我が国(日本)の首相(安倍氏)の
年頭の所感を見ても思うんですが【国民の皆様に信任?
(17%でしょ??)を頂いた事もあり、今年は更に大胆に、
スピード感をもって改革を推し進める!】
【国民の皆さまと共に、この国を再び、世界の中心で輝く国
として行きます!!】
再びって。。? 一体?何時?? 
日本が世界の中心になった過去の事例がありました?? 
この新年の彼の所感はある意味。。

衝撃!!です

先の突然なる解散。師走選挙で私は痛感したんです。

この国に暗雲垂れ込める。。 自爆層なる悲観論者の哲学無き
右傾化思想の台頭は幻だったんだな。。って。。

論より証拠なのは、本物の右傾思想である石原率いる次世代の
党は惨敗しましたし、ネット信者の右傾教祖??である田母神氏
は無残なる結果に終った事です。

所詮。。そんなものなんです。 マイルド右翼主義にて仮想敵国(
中国、南北朝鮮)を夢想しながら対米追従し続ける本当は真逆な
るエセ国粋主義者である安倍氏程度が彼らにとっては、居心地が
いいって話になるんですよね。 よって、この脆弱性極まりない地盤
と今後もこの路線(アベノミクス)を踏襲する限りは早晩。。頓挫する
のは必然なる自然の流れでしょう。

そもそもインフレは景気が良くて給料(名目賃金が上がって購買意欲
が増大する事の結果としての事象なんです。

それを恣意的に無理矢理インフレに持って行った所で実質購買力が上昇
するなんてありえないし、実際にやってる本人(日銀)は一番理解する確信
犯でしょうから、も~う。。政府or米国の意向にこれ以上、従うのは限界に
達すると思うし、世論も日々。。厳しくなるでしょう。

アベノミクスの3本の矢?なる1本目は玉切れで、2本目の大胆なる財政出動
(バラマキ)も人口減少から来る、地方の自治体においては過剰インフラを維持
出来ず、放棄をも検討する中での肝心な本丸なる3本目の矢が空砲では。。

今年は良い年としたいですね。

ですから、私は今年(15年)もドル円ロングはしたくありません!!

100%の主観(期待)を込めて。。 高い所(120円アッパー)は少額ですが?!
(チキンですから。)逆バリしたく思います!!

では。引き続き良きお正月を。。 
 
 

【ドル円】の展望を。。                         1月3日

【ドル円】の今年の展望を少々と。。

年末~年始に語られる。。自称、著名アナリスト
のマジョリティーなる論調は、今年もアベノミクス
の退路を断った施策は継続なりの日銀後押しで
株高円安は未曾有なる領域に達する!との論調
多々であるようですね。

私も素直にこれらのコラムを読むにつれ、株価2万円
越え!! ドル円130円を大きく越えて140?いや。。
150円台もあるんでは??って。。
正直。。その根拠にはある程度同意する部分はがある事
は素直に認める次第です。

が。。しかし。。
私は今年(15年)の【ドル円】に関してはせいぜいオーバー
シュートがあっても130円にも届かず失速すると思うんです。

その根拠は単純です。

この国の国債(10年物)の利回りは0.3%程度の超低利にて
もはや。。その本来なる機能を失っている状況下で本当にこの
先に市場が期待する日銀による更なる金融緩和が出来るなら
私もお手上げです。

何故なら。 この国が壊れるからです。
本当に一旦、この後に更なる円安局面を政府主導(官制)でやったら
しゃれになりません。 円安は暴走し、制御不能になり輸入価格は暴騰
し、一般国民は全くまともに生活出来ない事となるからです。

今の政府の何が何でもインフレ率を2%に持っていく政策に国民
が今後も本当に耐えられるとは到底思えません。

もし? 政府が目指すコアCPI2%達成の為の更なる金融緩和が
今年の上半期にあったとして、その後は。。
目標達成なる日銀の国債買い入れをストップする出口戦略を論ずる
事態となるでしょう。。

国債は今現在の日銀法では半永久的に日銀が買い続ける事は不可能
です。 異論論者は現状の法律を改正し政府から直接に日銀が買い取れ
る(国債)ように法改正を叫ぶ輩もいるみたいですが、これぞ。。まさしく
【財政ファイナンス】でしょうから。。 先進国社会で許されざる禁じ手であり
到底。。許されざる負えないでしょうからこの考えは極めてナンセンスです。

そして、そこに。。 景気に冷や水を浴びせる更なる消費増税(10%)です。

今年の【ドル円】予想は賢い著名コラムニストが色々書いてはおりますが、
極めて簡単なるロジックに元ずくと思うんです。

そのキーパーソンは日銀の方針です!!

勇気ある政策の転換を講ずる。。最後の良心を私は信じたいと思ってます!!

でなければ、為替(FX)や株で一時の利ザヤを稼いだ人達も後生に思うでしょう。
結果として自国を毀損し続けたこの施策に相乗りして応援(踊った)したのに。。 
その結果としては、自身の資産を結局。。溶かしただけだったんだと。。。。。

では。 良きお正月を!!

プロフィール

明日の力の為にポチッと!

明日の力の為にポチッとその2!

人気ブログランキングへ

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

最新記事

カテゴリ

トータルバランスで選ぶなら!!

                                        スプレッド幅に注目!!

講座特典の魅力

                                 1000通貨でお試しあれ!!

FXには必需品!!

               インターネットの定番!!  重い動画もサクサクと。 やめられません!!

RSSリンクの表示

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。