FC2ブログ
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

来週からの展望を。。               4月27日

来週からの、ドル円相場ではあります
が、日銀会合での追加緩和の思惑や
中国景気指標と週末の米雇用統計等々。

一方的なる動きは無いとはしてもある程度
今後の方向感が占える一週間となるかも?
しれません。

レンジ予想は、【103.10~101.55円】

季節的要因なる5月相場(Sell in May)はもう。
すでにやっちゃった感があるのもまた事実かも
しれませんし、今年の5月は微妙です。

とにかく今年の円はたとえ地勢学的リスクが
あってもしかり。。去年からの株式とのセットでの
円売りポジションの急激なる巻き戻し(調整)が
あってもまたしかり。。

幾度となく100円割れもあるかも?って論調も今年
に入って多々、見られたにも拘わらず。。年末から約
2000円近くも株が崩れたのに未だに102円台に留
まるこのおそるべし、耐力。。

為替(FX)も年中盤戦に差し掛かり、年初頭に描いた。。
今年は当然。。強い米経済をより確信する事によっての
量的金融緩和(QE)縮小による、【ドル全面高】が主題な
テーマだった筈なんです。

そして現在(4/27)。。

ドル円は当初の予定であれば今頃は105円をとっくに上抜
けする筈だったと高値(103円以上。。)掴みにて含み損を
抱えながら苦しむ個人投資家も多々。。存在するでしょう。。

IMMのポジション推移を鵜呑みにするのはとも思うんですが、
事実として円売りポジションの解消も、もうそろそろの頃合い
まで来てると見るのが自然で、季節要因(6月の中間決算)
に伴うもう一段なる手仕舞い(円買い戻し)とかウクライナ情勢
の緊迫局面、中国の景況感の悪化、などリスクはまだあるとは
言えども、ここから私は円買い(ドル売り)をする気はありません。

現実的には、もう。。 【アベノミクス】などと言う、訳の分からない
期待値先行地合いはとっくに終っておりまして、ここから更なる日銀
の次なる一手(追加緩和)とか、6月に出る成長戦略にも全く期待は
しておりません。 むしろ、これらの次なる施策が度々。出る局面こそ
【Sell in Fact】なる絶好な調整局面(円買戻し)となるぐらいでは無い
かと思うんではありますが、でも円はここからは戻りを売りたい所です。

私、度々。。論じてはおりますが、この国の株式相場の今年度の勢い
(パフォーマンス)を俯瞰するに極めて低調であり、この事から分かるの
はこの国=日本の相場全体に世界は注目してないって事なんです。

そしてその事は投機的需給の減退を意味する事であり、残るのは実需
での売買動向の行方と考えると、現状は明らかに輸入(円売り)>輸出
(円買い)であり、この傾向は更に今後も加速するでしょう。。

よって、円は明らかに今後、じわじわとではありますが、売られると私は
思うんで、少額ずつ売り仕込みを少し長めなるスパンにて仕込む次第か
と思うんですが。。


では。 良きGWを!!
 










スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

明日の力の為にポチッと!

明日の力の為にポチッとその2!

人気ブログランキングへ

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

最新記事

カテゴリ

トータルバランスで選ぶなら!!

                                        スプレッド幅に注目!!

講座特典の魅力

                                 1000通貨でお試しあれ!!

FXには必需品!!

               インターネットの定番!!  重い動画もサクサクと。 やめられません!!

RSSリンクの表示

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。