RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
294: by saru999 on 2014/04/06 at 20:31:05 (コメント編集)

こんにちは。
難しい話ですね。
勉強になりました。

295: by on 2014/04/07 at 18:31:07

 saru999様。。

 会社は何か一つでも納得出来る部分が見つかれば、決して辞めるべき
 ではない!! って新人の頃。。上司がよく言ってたのを思う次第です。

 当時、新人だった私は【納得出来るものって。 例えば何ですか?】と
 即座に問いかけます。

 そして、当時の上司はこう、答えます。。

 例えば、待遇面(給料)とか、仕事の内容とか、職場での人間関係とか。。
 基本的には、人に雇われている以上。。全て不満なのが当たり前だとの
 前提で物事を判断すれば自ずとこの会社に居る自分が分かるだろ!!との
 極めて理不尽なる答えだったと記憶します。

 月日は流れ。。 今の自分の胸中は全く同じ意見を部下達に投げ掛けてる
 次第でありまして、今回の事例においても、つたない対応だったのかなと
 思うのも事実です。 また、別の部下も最近。。仕事の問題点を抱えて社
 内外の自分の懸念事項を箇条書きにて私に提出し、このままでは。。精神
 が限界です。 と、言い出す始末で。。

 本当に仕事はキツいんでしょうね。。 そんな私も昨今の件もあってか
 短期間にて、3㌔以上も激減したんですが、これも弱みを見せられない
 以上は受け止めながら最良の選択をするしかないんでしょうね。。

 それでは、磐石なる。。シストレにてご成功を!!

 

▼このエントリーにコメントを残す

   

仕事のストレス。。                  4月5日

おはようございます。 たいたです。

今週の休日はちょっと、肌寒い感じの
スタートですね。 休日中。。私も含め
て【お花見!!】を計画中な方々も多々
みえますでしょうが、寒さ対策には要注意
って所でしょうか。。


話題変えます。。

最近。。仕事(本業。)を続けながら日々思う
んですが、日々の仕事に対して本当に病んで
いる(苦しんでいる。)人達と遭遇する機会が
増えるばかりです。

弊社内(私の勤める会社)でもつい最近。。
鬱病を理由に約9ヶ月の間休職した後、職場復帰
するもその後も2ヶ月出勤し1ヶ月欠勤を繰り返し
ていた社員に私もこの会社でそれなりの立場にあり
ますから最終通告を致しました。

【今回の休職を最後に今後の進退を提示して下さい】と。。

結果。 1ヶ月の休職後のその彼の回答は曖昧極まりなく
【もう、1ヶ月休ませて下さい。。 その間に考えます。。】
私は冷たいのかもしれませんが、その彼の直属の上司であり
ますし、率直にその社員の将来を思うにこの事例においては、
もはやその環境を変える以外、病状(うつ症状)の好転無しと
判断した次第です。。

結果として彼は退職する事となりました。。

そして、その送別会。。

結果として、その引導を渡した立場である自分もここは逃げずに
彼の次なる門出を素直に祝おうと思い、後ろ髪引かれながらも
出席したのですが結果は予想以上なる悲惨なる結果が待ち受けます。

お酒も入った関係上。。 彼(離職者)への擁護論に対して唯一。。
会社側立場で出席した」私への非難は轟々と、完全アウエイなる会合
ではあったんではありますが、ここで、ひねくれ者である自分は逆説的
なる思いをはせるんです。。(自己破壊への防衛として。。)

大衆(一般社員)の動議付けなんて、所詮は。。大義は無いんだと。。

彼(退職者)は送別会の場でこう話しました。。

【もう。。病気は治ったのに、結果として解雇されたんです。。】
【でも。もういいんです。 ど~うでもいいんです。。】

つれない。。最後の言葉でした。

職場での異常行動に最後の休職を勧めたのは自分です。

その時の彼の悲壮感から判断し、『ひょっとしたら。。自殺でもしたら
ど~う。しよう。。』との思いも勘ぐり、彼が休職した数日間はあまり眠れ
なかったのを思いだすばかりです。

自分もこの環境なんて全く持って肯定する気はさらさらありません!!

仕事(本業)は絶えず厳しいものであり、かつ責任を伴うものだと理解します。
趣味と仕事がイコールとなるのが理想などのパラダイス思考をいつまでも追い
続けて、転職ジプシーになってもおそらくその終着点(パラダイス)は見つけ
られないのが現実だと思うんです。

残念ながらこの国の将来は極めて悲観的要素に覆われるばかりです。

現政権(自公政権)の推し進める数々の施策によって、今後の我が国(日本)
の未来は次世代を担うはずであろう、若者達へ多大なる負の遺産を残す歴史的
悲惨なる状況と言えるでしょう。。

仕事は本来、苦痛を伴うものである。 何故なら、お給料を頂くんだから。。。

批判もあるかと思うんですが、この上記文章は正論だと思うばかりです。

今後のこの国(日本)の行く末の不透明感と日々の実務(本業)のストレスを。。。
解消してくれるのは、やっぱり。。『家族愛』と言いたい所ではありますが、本音は
少々。。無理がありそうで、やっぱり。。一人で思い悩むしかないんでしょうね。。

それでは。。 良き休日を。。








 





 

 



  
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
294: by saru999 on 2014/04/06 at 20:31:05 (コメント編集)

こんにちは。
難しい話ですね。
勉強になりました。

295: by on 2014/04/07 at 18:31:07

 saru999様。。

 会社は何か一つでも納得出来る部分が見つかれば、決して辞めるべき
 ではない!! って新人の頃。。上司がよく言ってたのを思う次第です。

 当時、新人だった私は【納得出来るものって。 例えば何ですか?】と
 即座に問いかけます。

 そして、当時の上司はこう、答えます。。

 例えば、待遇面(給料)とか、仕事の内容とか、職場での人間関係とか。。
 基本的には、人に雇われている以上。。全て不満なのが当たり前だとの
 前提で物事を判断すれば自ずとこの会社に居る自分が分かるだろ!!との
 極めて理不尽なる答えだったと記憶します。

 月日は流れ。。 今の自分の胸中は全く同じ意見を部下達に投げ掛けてる
 次第でありまして、今回の事例においても、つたない対応だったのかなと
 思うのも事実です。 また、別の部下も最近。。仕事の問題点を抱えて社
 内外の自分の懸念事項を箇条書きにて私に提出し、このままでは。。精神
 が限界です。 と、言い出す始末で。。

 本当に仕事はキツいんでしょうね。。 そんな私も昨今の件もあってか
 短期間にて、3㌔以上も激減したんですが、これも弱みを見せられない
 以上は受け止めながら最良の選択をするしかないんでしょうね。。

 それでは、磐石なる。。シストレにてご成功を!!

 

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

明日の力の為にポチッと!

明日の力の為にポチッとその2!

人気ブログランキングへ

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

最新記事

カテゴリ

トータルバランスで選ぶなら!!

                                        スプレッド幅に注目!!

講座特典の魅力

                                 1000通貨でお試しあれ!!

FXには必需品!!

               インターネットの定番!!  重い動画もサクサクと。 やめられません!!

RSSリンクの表示

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。